黒毛和牛海外輸出台湾挑戦中note過去投稿2019/7/30『業界の為にという活動は結局自己満足である』

起業の事

日本黒毛和牛業界の発展のためにという僕のすべての活動は結局僕の自己満足であります。

僕は色々な地味〜なチャレンジをしてきましたし、これからもしていきますが、このチャレンジのモチベーションは何にあるのか?

最近ズーッと考えていました。

チャレンジで儲けて大金持ちになりたいわけではなく、利益は事業が継続出来るくらいの規模で十分なんです。

なのでそこまでビジネス熱はないんですよね。

じゃーモチベーションは何にあるのか?

たぶん僕は自分が死ぬまでの間にたくさんのチャレンジをする事で、自分が死ぬまでの間にたくさんの思い出を残したいんだと思います。

自分のチャレンジをした痕跡をたくさん残したいんだと思います。

面倒くさい人ですよね。笑

ビジネス臭のする人は苦手で全然噛み合わなく、何かにバカみたいに熱中してガンガンチャレンジしている人は初対面でもずっと話が弾みます。

こういう僕みたいな人の難点は金がかかる事。

そこを改善する事がこれからの僕の課題でもありますので改善させます。

去年から台湾に1人で乗り込んでズーッと色んな事を考えましたが、最近のマイブームは「生き方について考える」です。笑

一応真面目に考えていますよ。

僕は基本的に人生は楽しく生きたいと思っているので、その「楽しく」の中に「チャレンジ」も入っています。

もちろん日本黒毛和牛も大好きなので入っています。

でも、これまでは日本黒毛和牛業界の中での活動がほとんどだったので、これからはそこにとらわれずに活動したいなーと思っています。

具体的には何も考えていませんが、牛飼いをやり、海外へ和牛を輸出し、海外で和牛専門店を起業し、今出来る日本黒毛和牛業界の流れ(生産から販売まで)の基本的なモノすべてを経験した事で考え方も変わってきました。

仕事の概念もボクの中で変わったかもしれません。

今年は僕の中で何かが変わる年になるんじゃないかなーと勝手に思っています。

最近バタバタで中々更新出来てなくてすみません。

今日も最後まで読んで下りありがとうございました。

ではまた!