黒毛和牛海外輸出台湾挑戦までの道Instagram過去投稿2018/4/4『トレーサビリティー』

牧草の事


農家さん個人同士で牛の売り買いをしてトレーサビリティーの異動届けを自分でする方法として、電話、FAX、Webが有ります。

おはようございます!ファームコネクション・ラボの前川です!

自分達で異動届けを出す人のほとんどが電話やFAXを使うと思いますが、そこでちょっとしたトラブルが発生する場合があります。

例えば、牛を買った相手側の異動届けをこちらが代行して手続きをする際に「電話手続き」だと農家コードとパスワードが必要になりますが、そのパスワードを相手側が知らなくて代理で手続きが進められないパターンがあります。

その時は相手側が登録している電話からパスワードを変更してもらって、変更したパスワードで再度転出届けを代行する事が出来ます。

相手側が農家コード自体を忘れている場合はJAの担当者さんへ聞けばすぐに教えてもらえます。

でも、もし相手側の登録している電話を解約して電話がない場合は、、、

厄介ですよねf^_^;

その時はWebでの異動届けをオススメします(FAX持ってない人はいますが、インターネットはほとんどの人が使ってますからね)

届出Webシステム(https://www.id.nlbc.go.jp/data/wns.html)からアカウント登録をしてもらうと電話やFAXが無くても異動届けが出来ます。

auやdocomoやsoftbankのアドレスではアカウント登録出来ないので、もしパソコンを持ってない&パソコンのアドレスが無い場合はスマホでgoogleアカウント(https://accounts.google.com/SignUp?hl=ja)を作ってGmailアカウント(Gmailアカウントの作り方http://appllio.com/how-to-use-gmail-account)を作って、Gmailアドレスを取得すれば、そのGmailアドレスを使って届出Webシステムのアカウント登録が出来ます。

僕より若い人ならこれくらい余裕ですよね!

では、今日も1日頑張るぞー!