黒毛和牛海外輸出台湾挑戦までの道Instagram過去投稿2018/1/27『株式会社壱番屋さんはフランチャイズ店舗からロイヤリティーを取らないのは自社工場で製造した商品を各店舗に取り扱ってもらっているからだそうです』

海外進出の事

CoCo壱の自社工場で生産した商品を全部扱ってもらうというスタンス。

これは台湾の飲食店事業が上手く軌道に乗ったら活用出来るんじゃないかな?と勝手に妄想しております。

台湾で販売店舗を少しずつ増やす事が出来たら、CoCo壱の自社工場のように和牛生産牧場は同じ機能を果たすかもしれません。

もし、和牛生産牧場で全て自家生産出来ないとしても東京で八百屋さんを展開している旬八青果店さんのように日本の和牛生産者と台湾の消費者を繋ぐ事が出来るかもしれませんね。

妄想が膨らみますねー(´∀`) そうなる為にも今の課題を一つ一つクリアしてコツコツ進めていきます!

では、今日も1日頑張るぞー!