黒毛和牛海外輸出台湾挑戦までの道Facebook過去投稿2013/8/13『肥育のステージ』

経産肥育の事

長寿妊娠牛一産取り肥育のプチプロジェクト(Bバージョン)に参加してもらっているH9.8.10生まれの名号けいんです。

8/9に分娩して昨日子牛くんを人工哺乳に切り替えて、けいんから自分にバトンタッチしました。

けいんはこれから肥育のステージに移ります。

沖縄ではけいんのような高齢な牛さんはお肉になった時に固くてサシが入らない老廃牛として安値で取り扱われている事が多いです。

ですが、自分で高齢な牛さんを肥育したお肉を食べましたが、そんな事はありませんでした。

脂はさっぱりしていて赤身も思っていたより固くなく、たくさん食べても飽きのこない味でとても美味しかったです!まだまだ試験段階でかなり時間はかかると思いますが、自分は高齢な牛さん(長寿牛)の美味しいお肉を提供出来るように頑張りたいと思っています。