黒毛和牛海外輸出台湾挑戦までの道Instagram過去投稿2018/1/2『子牛の販売価格が高く評価される仕組み』

牛飼いの事

正月気分は正月だけです!笑

あっ、これは僕だけですから皆さんはご自由に(^◇^;) 家畜市場に行ってセリを見ていると高く売れる子牛とそうでない子牛がいますよね?

身体の大きさも高く評価する時の基準になりますが、身体の大きな子牛でも販売価格が高くない場合もありますね。

では血統?

血統はとても重要です。でも、どういう血統が良いのか?ですよね。

それは購買者それぞれ好みが違います。厄介ですねf^_^;笑

購買者は沢山いるんですが、購買者さんそれぞれ毎月買って行く頭数が違います。その毎月買って行く頭数が多い購買者さんはその家畜市場での影響力が大きいので、その家畜市場の相場を動かす力を持っています。

なので、その影響力が大きい購買者さんが欲しいと思っている血統を家畜市場の過去のセリデータを分析(もし過去データが取れない場合は、これから毎月家畜セリ市場で手書きでデータを取って独自で分析してみてください)してみると、その影響力が大きい購買者さんのニーズが把握出来ます。

1番楽なのはその影響力が大きい購買者さんと仲良くなる事ですね(直接ニーズが聞けます)

各家畜市場にはそういったコミュニティーが必ず有りますから、そのコミュニティーに参加させてもらうのも1つの方法だと思います。

実際に家畜市場でトップセールス常連の牛飼いさんはほとんどコミュニティーに参加している人達ですから。

その仕組みを上手く活用出来れば子牛の販売価格が高く評価される可能性がアップする事間違いなし!

では、今日も1日頑張るぞー!